ヴィトックスαに挑戦中はアルコールを断たないとダメ?

ヴィトックスαに限らず、アルコールとタバコはペニス増大の敵と言っていいほど悪影響があります。

それでも、いきなり断つのも難しい……。

ヴィトックスαを始めるにあたって、アルコールはどう影響するのか、断てない場合はどうしたらいいのかはコチラでチェックを。

⇒その他のヴィトックスα情報はこちら

ヴィトックスαの効果にアルコールは影響するのか

晩酌が習慣になっている方にはつらいですが、ヴィトックスαに挑戦している間は
アルコールを断った方がヴィトックスαの増大効果が発揮されます。

アルコールについては、飲み過ぎなければむしろ健康にいいというイメージがあります。
確かに、ストレスの解消のためにはいいのかもしれません。

ただ、ヴィトックスαを使っている時の飲酒については、
ヴィトックスαの効果を邪魔してしまう可能性があります。
アルコールを飲むと顔が赤くなり、体もポカポカしてきますね。
このため、適度なアルコールは血行にいいというイメージがあります。

ここだけ見ると、ヴィトックスαによる血行の促進と相性がよさそうですが、
アルコールによる血行の促進はあくまで酔っている間だけ。

いったん酔いがさめてしまうと、むしろ血管の収縮につながってしまい、
ヴィトックスαの成分による血行の促進にとってマイナスになってしまいます。
また、アルコールは肝臓で分解されるため、
アルコールの分解が終わらないうちにヴィトックスαを飲んだりすると
今度はヴィトックスαの成分の吸収を邪魔してしまう可能性もあります。

吸収されなかった成分は排出されてしまうので、この点は気を付けたいですね。
これらの理由から、ヴィトックスαに挑戦している間は、できるだけアルコールは断つようにしていきたいです。

それでも完全にアルコールを断つのは……

アルコール やめる

とはいえ、いきなり完全にアルコールを断ってしまうのはなかなか難しいです……。
ストレスもペニスサイズにはマイナスなので、ストレス解消のための飲酒を制限してしまうのもなんだか矛盾を感じます。

健康のためにも少しずつ飲酒の習慣は無くしていきたいところですが、はじめのうちは

・適量を心掛けて飲むこと(一般的にビール中ビン1本程度が適量と言われます)
・ヴィトックスαを飲む直前にはアルコールを飲まないこと

この程度のことから始めていきましょう。

ヴィトックスαの成分にはアミノ酸が多いため、吸収の効率を上げるために空腹時に飲むのが理想です。
なので、早めの晩酌であればヴィトックスαを飲むまでにアルコールの分解は済んでいそうですが、
寝酒はちょっと問題ですね。

ヴィトックスαの成分の吸収を妨げる、睡眠中に血管が収縮してしまう、睡眠の質が落ちる

などなど、寝酒とヴィトックスαの相性は最悪なので、完全にお酒を断つことはできないまでも、
寝酒だけはしないようにしたいですね。

⇒本気で増大をしたいならヴィトックスα

 

アルコールでEDに?増大どころの騒ぎじゃない!

アルコール ED

アルコールはヴィトックスαで増大するのを阻害する以外にも、下半身には良くない影響があります。

ある程度のお酒は興奮度がアップするとか、良い影響があるイメージがある人もいるかもしれませんが、

  • 勃起不全(勃ちが悪くなるも含め)
  • 遅漏になる
  • 中折れする
  • イケない

なんて経験をした人もいませんか?

実はこれにはきちんとした理由があります!

勃起は脳が興奮すると命令をすることで起こるため、いくら興奮しても脳から命令されなければ勃起しないのです。

酔っぱらって良いムードになってホテルに行ったけど、自分はやる気満々なのに下半身が…というのが良い例で、いくら興奮していたとしてもアルコールが邪魔していたら思うように勃起しません。

これがたまにのことなら良いですが、毎日飲む人でEDな場合は肝機能も低下してテストステロン(男性ホルモンのひとつ)の分泌量も低下します。

アルコール量が多く、アルコール依存症になればますます男性ホルモンの分泌量が低下し、代わりに女性ホルモンの分泌量が増えるため女性化するという話もあります。

テストステロンが低下した時点でも勃起不全や性欲や精力が減少しますが、さらに女性化すると体毛が薄くなったり、女性らしい体つきになってしまうなんてこともあるので、アルコールってホント気を付けたほうがいいんです。

じゃ、女性に飲ませたら逆に男性ホルモンが増えるのでは?

そう考える人もいるかもしれませんが、たしかに男性ホルモンが増えて性欲はアップしますが、飲みすぎてしまうと眠くなってしまうので愛液量が減ります。

これは男性も同じ。

眠たくなれば、セックスどころじゃなくなります。

もちろん、そこまで飲まなければ良いのですが、性欲を上回ってしまうほどの睡眠欲はせっかくの興奮も冷めさせてしまいます。

眠気と吐き気は突然くるので、気分が良いときに飲んでしまう人は要注意です。

また話は戻りますが、血流が良くなり脱水症状を起こしたり、血液が流れてしまうのでとどまらない=硬くならなかったり勃起しないということがおこります。

血流が良くなるメリットだけでなく、デメリットもあるということを理解しておきましょう。

 

アルコールを飲み続けると最悪なことに・・・

アルコール 飲み続ける

先ほど肝機能の低下の話をしましたが、それだけでなく、肝臓に何かしらの障がいがある場合は、多くの精力剤やED治療薬が飲めなくなります。

病院に行って処方されるバイアグラやシアリス、レビトラなども肝臓に持病があれば処方されない可能性があります。

実は、これ。

ED治療薬だけじゃないんです。

よく薬を飲むときに胃に負担がかかる場合があるので胃腸薬を一緒に処方されることがありますが、薬というのは胃だけでなく肝臓に負担をかけることもあるのです。

これは肝臓には「解毒して分解する」働きがあるから。

この働きができなくなるため、ED治療薬をはじめ多くの薬が飲めなくなってしまうのです。

サプリメントでも飲めないこともあるので、そうなる前にアルコールの飲み方を考える必要があります。

ほどほどなら良いでしょ?

晩酌の一杯なら・・・

という人もいるかもしれませんが、適量はそれぞれに違いますし、体調や体質もあります。

なので、毎日たくさん飲んでいても平気!という人もいるかもしれませんが、これから先精力剤とかED治療薬、その他の薬が必要になったときに飲めない可能性もあるというわけです。

特に今、増大をしようと考えている人で勃起不全や中折れなど気になることがあるなら、アルコールは控えたほうが良いでしょう。

アルコールにかけるお金と時間をぜひ増大にかけてください!

休刊日を作ったり、減らす、やめることで下半身にも良い影響があります。

また、気になっていることを年齢やストレスのせいにしている人も一度アルコールを控えてみてください。

きちんと対策をすれば増大効果も出るし、EDなどの下半身への影響もカバーすることができますが、調子に乗って飲んでいると最悪増大だけでなくEDや病気になってしまうことさえあります。

とはいえ、0か100かにする必要はありません。

もし

  • どうしても飲みたい!
  • 絶対禁酒はできない

という人は、正しく理解をして上手にお酒と付き合っていきましょう。

まとめ

ヴィトックスαとアルコールは相性がよくありません。
効果の発揮を遅らせることになってしまうので、ヴィトックスα挑戦中はできれば飲酒は控えましょう。

急にやめるのが難しい場合は、少しずつ量や頻度を落としていくことになりますが、ヴィトックスαを飲むタイミングと飲酒~酔いがさめるまでの時間帯がかぶらないようにしたいですね。

飲酒などの習慣を変えずに、ヴィトックスαを飲むという行為だけをプラスしても効果は発揮されるでしょうが、習慣の改善を一緒に行った人と比べると、効果の発揮までの期間は長くなってしまうことは覚悟しておきましょう。

ヴィトックスαは続けるほどお得になっています。今ならまとめ買いで最大49%OFFになるだけでなく、サプリやリキッドをプラス1個プレゼント中!

⇒ヴィトックスαをオトクに買うなら公式限定キャンペーン

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ