ヴィトックスαに挑戦中はアルコールを断たないとダメ?

ヴィトックスαに限らず、アルコールとタバコはペニス増大の敵と言っていいほど悪影響があります。それでも、いきなり断つのも難しい……。ヴィトックスαを始めるにあたって、アルコールはどう影響するのか、断てない場合はどうしたらいいのかはコチラでチェックを。

ヴィトックスαの効果にアルコールは影響するのか

晩酌が習慣になっている方にはつらいですが、ヴィトックスαに挑戦している間は
アルコールを断った方がヴィトックスαの増大効果が発揮されます。

アルコールについては、飲み過ぎなければむしろ健康にいいというイメージがあります。
確かに、ストレスの解消のためにはいいのかもしれません。

ただ、ヴィトックスαを使っている時の飲酒については、
ヴィトックスαの効果を邪魔してしまう可能性があります。
アルコールを飲むと顔が赤くなり、体もポカポカしてきますね。
このため、適度なアルコールは血行にいいというイメージがあります。

ここだけ見ると、ヴィトックスαによる血行の促進と相性がよさそうですが、
アルコールによる血行の促進はあくまで酔っている間だけ。

いったん酔いがさめてしまうと、むしろ血管の収縮につながってしまい、
ヴィトックスαの成分による血行の促進にとってマイナスになってしまいます。
また、アルコールは肝臓で分解されるため、
アルコールの分解が終わらないうちにヴィトックスαを飲んだりすると
今度はヴィトックスαの成分の吸収を邪魔してしまう可能性もあります。

吸収されなかった成分は排出されてしまうので、この点は気を付けたいですね。
これらの理由から、ヴィトックスαに挑戦している間は、できるだけアルコールは断つようにしていきたいです。

それでも完全にアルコールを断つのは……

とはいえ、いきなり完全にアルコールを断ってしまうのはなかなか難しいです……。
ストレスもペニスサイズにはマイナスなので、ストレス解消のための飲酒を制限してしまうのもなんだか矛盾を感じます。

健康のためにも少しずつ飲酒の習慣は無くしていきたいところですが、はじめのうちは

・適量を心掛けて飲むこと(一般的にビール中ビン1本程度が適量と言われます)
・ヴィトックスαを飲む直前にはアルコールを飲まないこと

この程度のことから始めていきましょう。

ヴィトックスαの成分にはアミノ酸が多いため、吸収の効率を上げるために空腹時に飲むのが理想です。
なので、早めの晩酌であればヴィトックスαを飲むまでにアルコールの分解は済んでいそうですが、
寝酒はちょっと問題ですね。

ヴィトックスαの成分の吸収を妨げる、睡眠中に血管が収縮してしまう、睡眠の質が落ちる

などなど、寝酒とヴィトックスαの相性は最悪なので、完全にお酒を断つことはできないまでも、
寝酒だけはしないようにしたいですね。

まとめ

ヴィトックスαとアルコールは相性がよくありません。
効果の発揮を遅らせることになってしまうので、ヴィトックスα挑戦中はできれば飲酒は控えましょう。

急にやめるのが難しい場合は、少しずつ量や頻度を落としていくことになりますが、
ヴィトックスαを飲むタイミングと飲酒~酔いがさめるまでの時間帯がかぶらないようにしたいですね。

飲酒などの習慣を変えずに、ヴィトックスαを飲むという行為だけをプラスしても効果は発揮されるでしょうが、
習慣の改善を一緒に行った人と比べると、効果の発揮までの期間は長くなってしまうことは覚悟しておきましょう。
⇒ヴィトックスαの購入は公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ